見る・遊ぶ 学ぶ・知る

浦和区のプレーパークで「多世代交流やきいもの会」 子どもと交流

浦和区のプレイパークで多世代交流やきいもの会

浦和区のプレイパークで多世代交流やきいもの会

  •  

「多世代交流やきいもの会」が11月4日、さいたま市浦和区にある「冒険原っぱプレイパーク」(浦和区上木崎4)で開催される。

浦和区のプレイパークで多世代交流やきいもの会

 子どもたちと地域の人たちの交流を目的に開催される同イベント。当日は会場でかまどを作りサツマイモを焼く。準備から片付けまでを参加者全員で行う。会場となる「冒険はらっぱプレイパーク」は4月にオープンしたさいたま市子ども家庭総合センター「あいぱれっと」内にあるプレーパーク。屋外のスペースにさまざまな道具や素材がそろっており、穴掘り、どろんこ、水遊びなどで遊ぶことができる。

[広告]

 イベントはプレーパークを運営するNPO法人たねの会が主催する。代表の佐藤美和さんは「プレーパークに来たことのない方にも足を運んでもらうきっかけになればと思い開催した。子どもから高齢者の方まで一緒に楽しめる時間をつくりたい。お芋は持ちより、かまどの準備からみんなで一緒にやる。全部ごちゃまぜに焼いてみんなで分けて食べるときっとおいしい芋を食べることができる。寒くなってきたので一緒に火を囲み、焼き上がるまでの時間、大人も童心に返って遊んだり、おしゃべりしたりのんびり過ごしてもらえたら」と呼び掛ける。

開催時間は10時30分~13時(終了後も通常通り16時まで開放)。参加無料。持ち物はサツマイモ、アルミホイル、新聞紙。申し込み不要。問い合わせは同NPO(TEL 048-764-8127)まで。