食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

埼玉の魅力発信「コバトンカフェ」が6周年 オリジナル缶バッジ進呈も

埼玉の魅力を発信する「コバトンカフェ」が6周年

埼玉の魅力を発信する「コバトンカフェ」が6周年

  •  

 埼玉県庁内にある「コバトン*カフェ」(さいたま市浦和区高砂3、TEL 048-829-9227)が6周年を迎えた。

埼玉と縁のあるタレントやアーティストとのコラボイベントも開催

 同店は埼玉県の魅力や楽しさを伝えたいという思いから開かれ、店内には埼玉県のマスコット「コバトン」や県内市町村のご当地キャラクターの集まり「ゆる玉応援団」のグッズなども展示・販売。内装では、埼玉県産の良質な杉材のテーブルも使用する。本格的な石窯で焼き上げたピザは、ランチでは耳がもちもちしたナポリタイプ、夜はお酒とともに楽しめるように薄いクリスピーなローマタイプで提供している。

[広告]

 6周年にあたり、ディナータイムに食事した人にはオリジナル缶バッジを進呈(5月27日まで)するなどのキャンペーンを展開するほか、5月26日にはコバトンのお誕生日を祝う企画なども行われる。

 同店を運営するアルコグランデ社長の木原真弓さんは「6周年を迎えるまで、本当に数々の試練があったが、応援してくれる皆さんの支えでここまでこられた。今後は店内で埼玉と縁のあるタレントやアーティストとのコラボイベントを積極的に行っていきたいと考えている。この場所が埼玉の魅力発信だけでなく、アーティスト発掘の場となれば」と意気込みを語る。

 開店時間は10時~21時(ランチは11時~15時、ディナーは17時~21時)。火曜定休。