天気予報

11

2

みん経トピックス

浦和でおうちサロンイベント南浦和で福祉コンサート

北浦和に「カフェ&ジャズSHOJI」 子育て支援活動も

北浦和に「カフェ&ジャズSHOJI」 子育て支援活動も

「カフェ&ジャズSHOJI」の優さん(左)と瞳さん(右)

写真を拡大 地図を拡大

 北浦和に「カフェ&ジャズSHIOJI(さいたま市浦和区常盤9、TEL070-3668-6727)」がオープンして約2カ月がたった。オープン日は9月24日。

明るい木目調の店内

 入り口はガラスドアで、金色に輝くサックスや古いジャズのレコードが壁に並んでいる。席数は、約10席。コーヒー(400円)やりんごジュース(150円)、プリン・手作りケーキ(200円~400円)、ホットサンドセット(700円)、カレーセット(800円)、和定食(800円)など日替わりでメニューを提供する。日中は、ジャズの愛好家や会社員、主婦らがランチに訪れるが、月曜と金曜の夕方は一人で食事をとる子ども向けに「子どもカフェ」の看板を掲げている。働く親のいる子が訪れ、500円でおすすめの料理を提供。店のスタッフに学校や部活の話をしながら笑顔で食事をしていた。

 同店を開いたのは、中村久子さんと長男の大さん、長女の優さん。久子さんは脳出血の後遺症で体の右半分は自由に動かないが、「働く親と子育てに悩む親の支えになればという思いで、友達の助けを借りながらオープンした」と話す。「始めたばかりで模索している状態」と言い、「お客さんからジャズを聴きながらアルコールで一息つきたいとの声があり、火曜と土曜はワイン(500円)とおおばんざい(1,000円)を始めた。出身の関西を意識した季節の総菜を作りたい。地域の皆さんに喜んでもらえたら」と笑顔を見せる。

 久子さんは、20年前から食品会社の営業と人材育成業務の一方で、食育指導士としても活動し、小学校や幼稚園で講演をしていた。「実際は食育より子育てに悩む親が多く、力になれたらと家で食育や料理教室を開いて親子に接した」。口コミで多くの親子が相談に訪れていたが、1年前に自身が脳出血で倒れた。それでも「カフェというスタイルなら親子に関わっていけるのでは」と長男と友人に伝えたという。夫の正司さんは、海外で技術支援事業に携わり、「定年後は『寺子屋や心を育てる保育園』のような施設を開きたい」と夫婦で夢見ていたが、7年前に他界。カフェは、ジャズが好きだった夫の名を付けた。

 店に訪れた40代の主婦は「友人から聞いて、子育ての相談ができればと思って来た。自分を出して話せなかったが、気持ちがほっこりした。料理もおいしくて、また来たい」とほほ笑む。

 営業時間は10時~20時(土曜・祝日は11時~)。木曜・日曜定休。

グローバルフォトニュース