見る・遊ぶ

浦和美園イオンで「ドライブインライブ&マルシェ」 車で楽しむ音楽ライブ

会場のイオンモール浦和美園駐車場でポスターを掲げる、うらわClip代表の三ツ口拓也さん

会場のイオンモール浦和美園駐車場でポスターを掲げる、うらわClip代表の三ツ口拓也さん

  • 28

  •  

 野外ライブとマルシェのイベント「うらわLOOP☆ドライブインLIVE&Marche」が12月5日、イオンモール浦和美園駐車場(さいたま市緑区美園5)で開催される。主催はうらわLOOP☆ドライブインLIVE&Marche実行委員会。

うらわLOOP☆ドライブインLIVE&Marche実行委員会の皆さん

 イオンモールの駐車場で行われる野外音楽フェス。ライブ観覧者は車で集まり、音楽ライブを楽しむ。コミュニティーFM局「87.3FM REDS WAVE」の公開生放送も実施し、さいたま市内なら家からでもライブの臨場感を味わえるほか、動画視聴チケットを購入すればウェブサイトでライブ映像を見ることができる。

[広告]

 企画・運営は、浦和区に住む「パパ友」4人が立ち上げたまちづくり団体のうらわClip。2018(平成30)年から毎年夏にさいたま市役所でイベント「うらわLOOP☆ナイトマルシェ」を開催していたが、今年は新型コロナウィルス感染症の拡大により中止を決めた。コロナ禍で県外への遠出がしづらい状況が続く中、感染対策を取りながら地元で楽しむイベントができないかと、同イベントを企画した。

 ライブ出演者は、埼玉県出身で2004(平成16)年のヒット曲「青いベンチ」で知られるサスケ、浦和出身在住のシンガー・ソングライター岩船ひろきさん、落語家の立川志の彦さんなど6組。華道家の加藤唯華さんは、ボーカルの新城温古さん、ギターのタカスギケイさんと共に、いけばなパフォーマンスをライブのオープニングアクトとして行う。

 マルシェには、浦和駅西口の高架下に店舗を構える洋食居酒屋「akichi」、浦和区領家でキッシュなどの洋風デリを販売する「カンタービレ」、さいたま市役所近くのパウンドケーキ専門店「くみぱうんど」など、地元の味が集まる。浦和駅東口のクラフトビール専門店「BEERNOVA URAWA(ビアノヴァ ウラワ)」は、この日のために浦和美園産のイチゴを使った黒ビールを醸造した。

 うらわClip代表の三ツ口拓也さんは「コロナ禍の日常であるからこそ、集うこと、つながること、触れ合うことの大切さを一層強く感じており、これまでの『うらわLOOP』をニューノーマルに転換したこのイベントの開催を決めた。この街の日常に彩りを添え、一人でも多くの笑顔を生むきっかけになれたらうれしい」と意気込む。

 ライブチケットはクラウドファンディングサイト「MotionGallery」で販売し、金額に応じたリターン(返礼品)を用意する。マルシェ飲食クーポン付きのライブ観覧チケットは車1台当たり6,000円から。1万円および8,000円の観覧チケットには、ドライバー向けにノンアルコールの発酵ジンジャーエールと、アーティストのサイン色紙も付く。

 マルシェは13時~19時、ライブは15時~19時。マルシェは入場無料。