食べる

北浦和に焼き菓子&ドリンク店「Cafe D+」 手作り焼き菓子で自分へのご褒美に

清水店長手作りのブラウニーとブロンディー、自家製オーガニック・ジンジャーレモネード

清水店長手作りのブラウニーとブロンディー、自家製オーガニック・ジンジャーレモネード

  •  
  •  

 焼き菓子とドリンクを提供する店「Cafe D+(カフェディープラス)」(さいたま市浦和区北浦和1)が11月1日、北浦和駅東口にオープンする。

落ち着いた雰囲気の外装に同テイストの内装(関連画像)

 築33年のビルで化粧品販売、ネイルサロン、レンタルスペースを経営する1948年(昭和23)年創業の会社「パーミンダイゴウ」が、ビル1階の空きスペースを活用しオープンした同店。

[広告]

 席数は、テーブル席18席、カウンター席2席。店内は、木材を使いシンプルでシックな内装に仕上げた。清水桃子店長は「仕事、家事、育児の合間に自分へのちょっとしたご褒美としてゆったりできる空間を提供したい」と話す。同ビルにはネイルサロン、マッサージ、ヘアサロン、化粧品など女性向け美容の店がそろっており、一時預かり託児所「ママズスマイル 北浦和店」もある。清水店長は「安心してゆっくりしてほしい」とほほ笑む。

 会社員の傍ら20年来趣味でお菓子作りをしていたものが高じて、会社を辞めて自宅で教室を開いていたという清水店長がすべて店内で手作りするスコーン、タルト、ブラウニーなどの焼き菓子を提供するほか、「自家焙煎珈琲リフォルメ」(さいたま市南区大谷口)の豆を使ったオリジナルブレンドコーヒー(ホット=500円、アイス=550円)、アメリカポートランド発ティーブランド「スティーブンスミスティーメーカー」の紅茶(ホット=500円、アイス=550円)、自家製オーガニック・ジンジャーレモネード(ホット=650円、アイス=650円、ソーダ=650円)、ハードランドビール(600円)、オーガニックサングリア(600円)などのほか、グラノーラ、クッキーなどパッケージされた菓子も。清水店長は「紅茶と合わせてちょっとしたプレゼントにお薦め」と話す。

 「北浦和に住む人は良い物を知っている人も多いので、ドリンクも焼き菓子もワンランク上の物をそろえつつ、日常のちょっとした休憩に使っていただけるような価格にしている。友達と、あるいは、一人で気軽に来ていただけたら」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~18時(11月1日~9日までは12時~17時)。火曜・日曜定休(月末日曜は営業)。

  • はてなブックマークに追加