見る・遊ぶ

伊勢丹浦和店に2日間だけの「屋上遊園地」 手作りの木製メリーゴーランドも

うらわClip共同代表の三ツ口さんとお子さん、伊勢丹浦和店スタッフのみなさん(画像提供=一般社団法人うらわClip)

うらわClip共同代表の三ツ口さんとお子さん、伊勢丹浦和店スタッフのみなさん(画像提供=一般社団法人うらわClip)

  •  
  •  

 「うらわLOOP☆屋上遊園地」が10月19日・20日、伊勢丹浦和店屋上で開催される。主催は伊勢丹浦和店と一般社団法人うらわClip。

木製のメリーゴーランド(画像提供=メリ~ゴーランド研究所)

 木製のメリーゴーランドやこどもサーキットなどのアトラクションと、フードや花などを販売する各日10店舗のマルシェが集まる同イベント。浦和駅西口駅前で1981(昭和56)年から営業する同店と、浦和に住む「パパ友」4人が立ち上げたまちづくり団体のうらわClipが共催する。

[広告]

 開催のきっかけをつくったのは、同店で子どもフロアを担当する甲斐正邦さんと、うらわClip共同代表の長堀哲也さん。浦和まつりで一緒にみこしを担いだことから知り合った2人は、2018(平成30)年よりうらわClipがさいたま市役所で開催するイベント「うらわLOOP☆ナイトマルシェ」が好評だったことから、今度は同店の屋上を使ってイベントが開催できないかという話で意気投合したという。

 同店屋上にはかつてコイン式の遊具やゲームコーナーを備える遊園地があったが、2009(平成21)年の夏に閉鎖。以降は常設のゴルフスクールと、春から夏にかけてビアガーデンが開催される以外は、ほぼ活用されていなかった。

 甲斐さんは「伊勢丹浦和店としても、今後の屋上の活用方法を模索しているタイミングだったため、人を呼べる楽しい企画を実施し今後のモデルケースにしようと、お互いの思いとタイミングが一致した。2日間限りではあるが、屋上の新しい姿を楽しんでもらいたい」と期待する。

 うらわClip共同代表の三ツ口拓也さんは「さいたま市に暮らす家族は、特別な休日には市外のテーマパークや観光地に行くことも多いと思うが、日々暮らしている街なかに、特別な休日を過ごせるような場を作ろうと考え、かつて伊勢丹浦和店に存在した『屋上遊園地』を復活させたいと考えた。当時を知る世代は懐かしさとともに、子どもたちにとっては、いつもの街に現れた遊園地をとことん楽しんでいただき、親子3世代が共に笑顔になれるような場を作りたい」と意気込む。

 同イベントに登場する木製のメリーゴーランドは、横浜市で移動式メリーゴーランドの研究・開発を行う「メリ~ゴーランド研究所」が手作りしたもの。1人乗り=300円、2人乗り=500円で、年齢制限は無く、親子や友人同士で楽しむことができる。

 アトラクションはほかに、ジャガーやフェラーリのミニカーで特設コースを走る「こどもサーキット」(300円)、安全に全身を360度回転させられる遊具「サイバーホイール」(300円)、ゴルフレッスン(19日のみ、500円)、スナッグパターゲーム(20日のみ、200円)など。

 マルシェでは、「うらわLOOP☆ナイトマルシェ」で好評だった店舗に加え、ドライフラワーのリースとスワッグを販売する「花星」、ニュージーランドスタイルコーヒーの「OkiOki Cafe(オキオキカフェ)」(以上19日のみ)、タイ料理の「ディージャイ」、炊き込みご飯ほかを提供する「梅田屋」(以上20日のみ)などが出店する。

 開催時間は12時~19時。入場無料。小雨決行。

  • はてなブックマークに追加