見る・遊ぶ

さいたま市役所でナイトマルシェ レッズ元選手と醸造したビールお披露目も

昨年の「うらわLOOP☆ナイトマルシェ」の様子

昨年の「うらわLOOP☆ナイトマルシェ」の様子

  •  
  •  

 マルシェイベント「うらわLOOP☆ナイトマルシェ2019」が8月7日、さいたま市役所本庁舎東憩いの広場(さいたま市浦和区常盤6)で開催される。主催は一般社団法人うらわClip。

有志の運営サポートメンバー

 昨年初めて開催し、約1200人が来場した同イベント。「おとなも、こどもも。いつもの『うらわ』で、夜までまちあそび。」をキャッチフレーズに、浦和エリアの14店舗が出店するマルシェ、子どもたちによる屋台、アーティストによるジャズライブセッションが行われる。

[広告]

 マルシェには、だし巻き卵サンド、パン、焼き菓子、パスタ、かき氷、コーヒーなどのフードとドリンクに加え、アウトドアグッズや生花を販売するブースがそろうほか、中央区の地域交流フリースペース「しばふハウス」に通う子どもたちによる屋台も出店。子どもたちが自ら考えて販売する品物を決め、運営する。マルシェに使う屋台の一部は、地元工務店の榊住建と、芝浦工業大学大宮キャンパス(システム理工学部)の作山研究室の学生、「しばふハウス」の子どもたちと、うらわClipが協力して制作した。

 マルシェ内でうらわClipが運営する「うらわClip酒場×BEERNOVA」では、ビアバーの「BEERNOVA URAWA(ビアノヴァ ウラワ)」がプロデュースし、「T.Y.HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバー ブルワリー)」で醸造したビールをお披露目する。醸造には、元浦和レッズの鈴木啓太さんも参加。同ブルワリー醸造長の阿部和永さんは浦和出身で、浦和にゆかりのある人たちの手によるオリジナルビールとなった。ビールのタイプは「ハニーセゾン」。ベルギーで夏の農作業中の喉の渇きを潤すために造られてきた「セゾンスタイル」に蜂蜜を加え、夏向きの味に仕上げた。

 主催のうらわClipは、浦和に住むパパ友4人が立ち上げた団体。代表の三ツ口拓也さんは「『大人と子どもが一緒に楽しめる、地元密着のマーケットで夏休みに最高の一日を作りたい』という思いで企画した。市役所前の水の流れる段床は、この日だけは20時までじゃぶじゃぶ遊べるので、夏休みの夕暮れに子どもと一緒に楽しむことができる。日頃都内でお勤めの方も、帰宅前に、自分たちが暮らすまちの中で楽しい時間を過ごしてもらえたらうれしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は15時~20時。小雨決行。

  • はてなブックマークに追加