見る・遊ぶ 学ぶ・知る

浦和でドキュメンタリー「みんなの学校」上映会 学校の在り方について語り合いも

『みんなの学校』見よう話そう会の皆さん

『みんなの学校』見よう話そう会の皆さん

  •  
  •  

 「『みんなの学校』上映会+わたし達の道徳の時間」が2月11日、さいたま市浦和区にある浦和コミュニティセンター第13集会室(浦和区東高砂町11)で開催される。

『みんなの学校』見よう話そう会の皆さん

 映画「みんなの学校」を上映後、対話の時間「わたし達の道徳の時間」を設ける同イベント。同作は大阪市に実在する公立小学校を舞台にしたドキュメンタリーで、「全ての子どもに居場所がある学校づくり」を目指して、学び合い育ち合いながら「みんなでみんなの学校」をつくる様子を追っている。

[広告]

 主催は「みんなの学校」見よう話そう会。代表の生地由起子さんが3年前に同作に出合い衝撃を受け、上映会をきっかけに「学びの在り方、社会の在り方」を語り合いたいと考え、子育て中の母親7人で同会を発足。今回のイベントの開催に至った。

 同会の大島愛子さんは「多くの人は、誰かが作った正解に自分を押し込めて生きており、さらに自分でも気づかぬうちに子どもたちを、正解という枠を通して評価している。大人も子どもも、正解や世間の常識をいったん横に置いて、学校という場について本音で話してほしい。この上映はその対話のきっかけに過ぎない。自分の思いを言葉にし、誰かの言葉を聞く対話こそが、未来への一歩につながる」とイベントをアピールする。

 午前と午後の2回開催で、午前の部はすでに満席。第2部は14時~16時45分。参加費は大人1,500円(大人1人につき子ども1人無料)、子ども300円、未就学児無料(保護者同伴)。定員60人(先着順)。車椅子、ベビーカーの乗り入れ可能。キッズスペース、授乳スペースあり。申し込み、問い合わせは同会まで。

  • はてなブックマークに追加