暮らす・働く

さいたま・鹿手袋の地域サロン「シカテカフェ」が3周年 デザイナー女性が主宰

鹿手袋で行われている地域のサロン「シカテカフェ」が3周年

鹿手袋で行われている地域のサロン「シカテカフェ」が3周年

  •  

 さいたま市南区で鹿手袋自治会館(南区鹿手袋6)を使って毎月開催されている地域のサロン「シカテカフェ」が3月18日の開催で3周年を迎える。

鹿手袋で行われている地域のサロン「シカテカフェ」が3周年

 毎月第2日曜に開催している同カフェは、コーヒーだけでなく、マッサージやワークショップなどその都度さまざまな出店があり、地域の人が気軽に参加できるイベントも同時に開催している。

[広告]

 3月18日は3周年を記念して、コーヒーなどのドリンクは無償サービス。会場では焼き菓子の販売、手相占いのほか、目玉企画として家庭で使わなくなった品を参加者が持ち寄り、好きなものを自由に持ち帰れる企画「シカテイクフリー」も行う。

 運営するのは同エリア在住の「コミュニティアーティスト」の佐藤真実さん。本職はデザイナー。「もともと地域に何も縁がなく、ただ生活するには便利な場所としか思っていなかった」と言う。そんな中で東日本大震災が起こり、地域での孤立や孤独を何とかしたいと思い、趣味だったコーヒーを使い、近所の集会所の一室を借りてお茶会を始めた。

 佐藤さんは「最初は特に告知もせず趣味程度で始めたが、だんだんと周知されはじめ、老若男女さまざまな人が来てくれるようになった。私だけでなく、遊びに来てくれた人たち同士がつながるきっかけにもなっているのを感じることができる」と話す。「地域のサロンは個人でも気軽に始められるので、さまざまな地域いろいろな人に開催してほしいと思う。3周年を迎え、いつもよりちょっとにぎやかに開催するので、ぜひ参加してほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は13時~16時30分(ラストオーダー)。