天気予報

30

18

みん経トピックス

浦和で作業所のクッキー販売浦和で日本文様のキルト展

浦和でアートイベント「美術と街巡り・浦和」 埼玉会館や店など23カ所に作品展示

浦和でアートイベント「美術と街巡り・浦和」 埼玉会館や店など23カ所に作品展示

埼玉会館の野外広場にも展示

写真を拡大 地図を拡大

 浦和駅西口周辺の埼玉会館広場やカフェなど23カ所で3月9日、美術作品を飾る「美術と街巡り・浦和」が開催される。

浦和ワシントンホテルのロビーにも展示

 美術家と市民が共同で企画するアートプロジェクトの一環。同イベントは今年で3回目の開催。今回は50人の作家が作品を展示するほか、ワークショップやトークショーなども展開する。

 埼玉会館の「エスプラナード」や木の動物、ろうでできた手、針金の作品など4人の美術家を展示する。高砂小学校の西側フェンスには、小学6年生や本太中学校美術部の作品を展示する。カフェや商店には、絵画などを置くだけでなく作品を点在させたり、つるしたりして、誰でも自由に鑑賞できる。アートスペース717のカフェバーでは、20時から作家が接客も行うという。

 実行委員の松永康さんは「美術品が置かれると見慣れた土地も今までと違って見えてくる。そこで暮らす人もその場を生かす工夫をしたくなるはず。作家の皆さんはそのための大きなヒントを与えてくれるのではないか」と話す。

 ワークショップは、花屋のクールベルジュで開催。画家の高橋潤子さんによる「春のミニびょうぶを飾ろう」(11日10時~10時45分、11時~11時45分、定員各回7人、参加費500円)、彫刻家の林舞衣子さんによる「発砲スチロールで植物インテリアをつくろう」(11日13時~15時、定員7人、参加費1000円)。ホームページから申し込めるほか、info@maiko-c.comでも受け付ける。

 作家が作品について語るアーティスト・トークは10・11日に埼玉会館(第三展示室地下2階)で行う。開催時間は14時~15時。参加無料。3月15日まで。

グローバルフォトニュース