天気予報

30

18

みん経トピックス

中浦和で「お風呂カフェ」武蔵浦和で新春コンサート

北浦和にブック&カフェ 店内の本を開いてコーヒー楽しむ

北浦和にブック&カフェ 店内の本を開いてコーヒー楽しむ

よりすぐりの書籍が並びコーヒーの香り漂う店内

写真を拡大 地図を拡大

 北浦和駅西口のビルの2階に「Books&Café TOKIWA(ブックスアンドカフェトキワ)(さいたま市浦和区常盤、TEL 048-833-3030)」がオープンして1カ月がたった。

ガラス扉から光が差し込む明るい店内

 店内で販売している本を読みながらコーヒーやアルコールが味わえる同カフェ。本棚には新刊や文庫本、趣味の本、絵本など約5000冊の本が並ぶ。メニューは、コーヒー(420円~)や紅茶(420円)、ビール、ワイン(以上480円)、手作りケーキ(450円)などを提供。席は、ソファやカウンター、オープンテラスを含めて約22席。テラス席は、太陽の光が差し、国道17号を通る車や北浦和公園、ケヤキ並木も見渡せる。雑誌以外の1冊を交換しながら読み、購入することもできる。

 開いたのは、同店が入っているビルを所有する敷島建設社長の松尾雅人さん。2012年に両親が病気で他界したため、後を継いだ。昨年、老朽化したビルを建て替える際、同店を設置した。

 北浦和で生まれ育った松尾さんは、同カフェについて「当社では、ここで『サンブックス』という名の本屋を開いていたが、両親とも高齢になったので約25年前に閉店した。近所の方から『駅前に本屋がなくなってさみしい。よく本を買いに来ていた』と当時を懐かしむ声を聞き、地元のためにも、もう一度開いてみようと思った」と話す。「カフェを併設することで、ゆっくりした時間の中で本と向き合う場所があれば」とも。

 「街の本屋として本を提供しながら、埼玉にちなんだ本や自分がセレクトした本も並べたい。『こんな本もあるんだ』とつい手にしたくなる一冊に出合ったら、お客さんもうれしいのでは。ホッとしたい時や散歩のついでに寄るなど思い思いに使ってくれたら」と笑顔を見せる。

 営業時間は10時30分~18時。日曜・月曜・木曜・祝日定休(今後変更の可能性あり)。

グローバルフォトニュース