天気予報

28

17

みん経トピックス

埼玉大学でイルミ点灯浦和でくつしたモンキー展示

与野本町のカフェで三線のランチライブ 沖縄料理を楽しみながら

与野本町のカフェで三線のランチライブ 沖縄料理を楽しみながら

与野本町で三線ライブ、演奏する佐野明子さんと和田健二さん

写真を拡大 地図を拡大

 さいたま市中央区にあるカフェギャラリー南風(みなかぜ)・蔵の家(さいたま市中央区本町西2、TEL048-764-8850)で12月16日に沖縄料理付きの沖縄三線ランチライブが行われる。

与野本町で三線ライブ、演奏する佐野明子さんと和田健二さん

 演奏は佐野明子さんと和田健二さん。演目は「海の声」「花」「新安里屋ユンタ」「デンサー節」「沖縄(ウチナー)」「竹富島で会いましょう」「19の春」など多数の曲が予定されている。

 三線を演奏する佐野明子さんは八重山古典安室流の講師。八重山古典安室流は八重山諸島で生まれた三線の古典流派。佐野さんは両親が沖縄出身で、自身のルーツである沖縄音楽を学び、2015年には三線グランプリ作曲賞を受賞した。現在は同会場の三線教室の講師も務めている。

 同カフェの山田ちづこさんは「このライブで沖縄の音楽に触れて、沖縄を知って、ぜひ沖縄を訪れるきっかけにしてほしい」と話す。

 開催時間は14時30分~16時30分(14時開場)。料金は3,500円(沖縄料理とワンドリンク付き)。定員30人。申し込みはカフェギャラリー南風・蔵の家(TEL 048-764-8850)まで。

グローバルフォトニュース