食べる 暮らす・働く

浦和駅西口の薄皮たい焼き店「たいまる」がリニューアル 夏に向け新商品も

リニューアルした、薄皮たい焼き店「たいまる」店長の大竹さん。

リニューアルした、薄皮たい焼き店「たいまる」店長の大竹さん。

  • 0

  •  

浦和駅西口の薄皮たい焼き店「たいまる」(さいたま市浦和区高砂1)がリニューアルオープンして1カ月半がたった。

お店の外観

同店は「昔ながらの薄皮」のたい焼き店で、4月にオーナーが変わりリニューアルオープンした。一番人気は北海道産の小倉を使った「おぐら」(150円)で、カスタードのようなクリームにバニラビーンズを入れた「うふクリーム」(160円)も人気という。パイ生地を使ったパイ焼きはチョコレートとキーマカレー(各250円)の2種類の味を用意。「冷めてもおいしい」と、お土産にも利用されているという。

[広告]

店内にはイートインスペースも設ける。年配客が比較的多く利用するが、高校生や主婦も来店する。店長の大竹洋さんは「幅広い世代のお客さまに受け入れられている」と話す。

夏に向けて、ソフトクリームとたい焼きのセット「タイソフト」(460円~)の販売も始めた。「ソフトクリームと一緒に食べるたい焼きはもなかのよう」と客からも好評だという。「夏に向けて、新商品の冷やしたい焼きも準備している。食べに来てほしい」と呼び掛ける。

営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加