プレスリリース

英国ロイヤルバレエ団よりプリンシパルの平野亮一をゲストに迎え、ついに話題作「ドラキュラ」が蘇る!宝満直也振付による世界初演「狼男」も同時上演!

リリース発行企業:一般財団法人NBAバレエ団

情報提供:

2020年2月15、16日に新国立劇場中劇場にて、NBAバレエ団が「ホラーナイト」を上演する。


「ドラキュラ」はブラム・ストーカー原作『吸血鬼ドラキュラ』の出版100周年を記念して、1996年にミルウォーキー・バレエ団の芸術監督マイケル・ピンクがバレエ化したもので、音楽はフィリップ・フィーニー、装置、衣装はマシュー・ボーンとのコンビで知られるレズ・ブラザーストンという第一線のクリエイターたちが結集して作り上げた超大作。振付のマイケル・ピンクはロンドンフェスティバルバレエ(現在のイングリッシュ・ナショナル・バレエ)でダンサーとして活躍後、ミルウォーキー・バレエ団の芸術監督を務め、古典名作バレエの再振付の他、『ピーター・パン』や『ドリアン・グレイ』なども振付けている。
NBAバレエ団では2014年に日本初演を果たし、芸術監督久保紘一が第69回文化庁芸術祭舞踊部門新人賞を受賞した。今回は再演を望む声に応え、8月の全幕上演に先駆けプレビュー公演として第一幕を上演する。
2月15日14:00と16日14:00の公演では、主役のドラキュラ役に英国ロイヤルバレエ団よりプリンシパルの平野亮一をゲストに迎える。
「狼男」の振付は、NBAバレエ団「海賊」、久保紘一版「白鳥の湖」などの振付も手掛けている今注目の若手振付家であり、バレエダンサーでもある宝満直也。2016年オン・ステージ新聞若手振付家ベスト1を受賞し、2017年には新国立劇場バレエ団からNBAバレエ団に移籍。舞台で活躍する傍ら、振付家としても数多くの作品を発表し、高い評価を得ている。2月15日18:00の回ではドラキュラ役も演じる。
美しくも恐ろしいホラーバレエにあなたも今夜は眠れない。
ホラーナイト


公演概要

【公演名】NBAバレエ団『ホラーナイト』
【公演日】2020年2月15日(土)
     開場13:30・開演14:00
     開場17:30・開演18:00
     2020年2月16日(日)
     開場13:30・開演14:00
【公演場所】新国立劇場 中劇場

チケット絶賛発売中!
【料金】S席 9,000円 A席 7,000円 B席 4,000円
※3歳未満の入場はご遠慮ください。
【チケット取り扱い】
NBAバレエ団 04-2937-4931(月~金9:00~17:00)
https://www.nbaballet.org/
●チケットぴあ 0570-02-9999 
https://t.pia.jp/(Pコード:493-699)
●イープラス https://eplus.jp/

平野亮一

平野亮一


英国ロイヤルバレエ団のプリンシパル。
平野節子バレエスクールでトレーニングを受ける。2001年ローザンヌ国際コンクールでプロフェッショナル賞を受賞。主なレパートリーは、「ジゼル」、「眠れる森の美女」、「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「パゴタの王子」の王子、「冬物語」のレオンテス、「ドン・キホーテ」のエスパーダ、「ロミオとジュリエット」のロミオ、「ライモンダ第3幕」のジャン・ド・ブリエンヌ、「うたかたの恋」のルドルフ皇太子、「アナスタシア」のラスプーチン、「フランケンシュタイン」のクリーチャー等。

「ドラキュラ」あらすじ
弁護士であるジョナサン・ハーカーは、イギリスに土地を買ったドラキュラ伯爵の契約を成立させるために、トランシルヴェニアに旅立つことになった。彼の妻であるミーナ・ハーカーとドクター・ヴァン・ヘルシングが、見送りのため駅まで来ていたが、そこに精神病患者であるレンフィールドが通りかかり、不穏な事件が起こる。
ハーカーがトランシルヴェニアに着くと、村人たちは生贄を捧げ恐ろしい儀式をしていた。その日は“All Souls Night”と呼ばれる悪魔の日で、悪霊たちから村を守るための儀式であった。 その儀式の途中でドラキュラ城からの使者がハーカーを迎えに来る。一人の村人の女がハーカーにドラキュラ城に行かないようにと、止めに来る。彼女は生まれたばかりの赤ん坊を亡くし、絶望的な悲しみにくれていた。しかし、ハーカーはその忠告を聞かずドラキュラのもとへ向かう。
城についたハーカーはドラキュラに歓迎されるが・・・・

「ドラキュラ」第1幕


NBAバレエ団について
所沢及び埼玉で唯一のバレエ団として活動中。1993年より古典作品とコンテンポラリー両方のレパートリーを持ちながらも、アイデンティティのあるより高いバレエ芸術の創造と普及に努め、文化の向上に寄与することを目的として活動している。2014年に上演した「ドラキュラ」は、アメリカで大旋風を起こした作品の日本初演で、広く話題を呼んだ。2015年には「HIBARI~すべての美空ひばりファンに捧げる」、2016年には「死と乙女」(和太鼓奏者林英哲氏、作曲家新垣隆氏と共演)、2018年「海賊」(新垣隆一部作曲・編曲)。また、2019年3月に発表した久保紘一版「白鳥の湖」では、輪廻転生をテーマとした斬新なストーリーと演出で高い評価を受けた。毎年1月の「NBA全国バレエコンクール」は“世界に羽ばたく若きバレリーナの育成”をモットーに、国内最大規模のコンクールを開催。ローザンヌ国際バレエコンクールで優秀な成績をおさめるバレリーナを数多く輩出している。最近では映画「翔んで埼玉」に男性ダンサーが出演するなど幅広い活動で注目を集める。

原作:ブラム・ストーカー
作曲:フィリップ・フィーニー
振付:マイケル・ピンク(ドラキュラ)/宝満直也(狼男)
芸術監督・演出:久保紘一
主催:一般財団法人NBAバレエ団

  • はてなブックマークに追加