食べる 暮らす・働く

浦和区の古民家拠点で複合イベント よもぎ白玉作りや健康マージャン体験など

以前のイベントの様子

以前のイベントの様子

  •  
  •  

 さいたま市浦和区にあるコミュニティースペース「近藤さんち」(浦和区針ヶ谷2)で4月18日、参加型イベント「水曜日のコンドウサンチ コーヒー×麻雀、ときどきよもぎ」が開催される。

以前のイベントの様子

 古民家を活用した同スペースを使った参加型のイベント。午前中はヨモギを使った白玉の調理と試食、おきゅうを体験できる「よもぎもぐもぐ」。午後は初心者向けの「健康麻雀教室」が開催される。1日を通してコーヒーとおでんを食べることができる「Yono Cafe」も開かれる。

[広告]

 会場となる近藤さんちは古民家を地域の人に貸し出しており、カフェやリラクセーション、IT講座や落語会などさまざまなイベントが行われている。

 イベントを運営する「お灸や けむけむ」の水村志穂さんは「日本の伝統的ハーブ、食べてよし、使ってもよしのヨモギ。さいたま市の無農薬農家さんからご提供を白玉にして食べ、さらにその後はおきゅうでリラックスできる。午後は麻雀マージャンやコーヒーなどさまざまな企画が開催されるイベント。一日楽しんでほしい」と話す。

 「よもぎもぐもぐ」開催時間は10時30分~12時、参加費は1,500円。「健康麻雀教室」は13時~16時で、参加費は2,000円。「Yono Cafe」は10時30分~16時、500円。

  • はてなブックマークに追加