3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

インフラ老朽化対策に一歩前進!水中撮影サービスを開始『水中ドローン・カメラ』を活用した調査・点検

リリース発行企業:株式会社ジュンテクノサービス

情報提供:

■インフラ老朽化対策に向けた水中撮影サービスを開始『水中ドローン・カメラ』を活用した調査・点検 https://drone-kawagoe.shop/


ドローン事業を手掛ける、株式会社ジュンテクノサービス(所在地:埼玉県川越市豊田町3-4-2-5F、代表取締役:引野潤)は、水中撮影サービスを開始『水中ドローン・カメラ』を活用した調査・点検業務を、2020年02月18日(火)より提供開始いたします。





【背景】
急がれた日本のインフラ老朽化の課題に対し、企業の担当者様が困って連絡をいただくことが数回ありました。河川橋梁点検やダム点検、排水溝、汚水、養殖場、大学研究など全国各地からのお問い合わせに対し、全て同じ機種では現場で使用できず作業が前進できないことがわかりました。機種選定においてメーカーを選ぶ必要があるため、メーカーや機体の特徴を多く知り、お客様と密にやりとりができる体制を持ち、撮影経験が豊富な私たちが一括で取りおこなうことが最善だと考えサービス提供を開始する運びとなりました。





【製品・サービスの概要】
潜水士やダイバーを採用した撮影方法は、危険性が伴うことと実務コストを抑えたい、という相談から安全面を配慮した課題を補うため、弊社オンラインショップ(ドローンテクニカルファクトリー川越)にて取り扱う『水中ドローン・カメラ』全8機種を活用した撮影サービスを開始致しました。日常点検・監視・人が立ち入れない場所での水中映像の取得が必要な法人様を対象とし、全国各地お手伝いさせていただいております。標準で水深100mまで潜航可能。2020年4月以降に新製品が発売予定となっており、ベーシックな撮影ラインの機材から、高精度レーザースケーラー、サンプラー、ガンマ検出器などのオプションパーツもご案内予定。ショップ販売、日本修理センター(FIFISHシリーズ) 、人材育成も合わせてご提案可能。機種選定も含めた自社への導入サポートも取り行っております。


<3つの特長>
1:水中撮影サービスだけではなく、自社導入相談から人材育成・販売・修理センターと一括して弊社で行っております。

2:オンラインショップにて現在8機種の取り扱いあり。4月以降はさらに3機種が追加予定

3:ベーシックラインから法人向けの機体まで使用感と現場に合わせた撮影方法の相談が可能。

ダム・発電所・プラント・船・漁礁・養殖・湖・橋脚・護岸・水中ポンプ・取水口などの水中設備など、水中ドローンは淡水海水にかかわらず様々な箇所にて活躍可能です。








【今後の展望】
水中撮影サービスにおける調査点検を中心とし、インフラ老朽化対策への促進に貢献できるよう関東地区・九州地区と専門員を配置し作業範囲を拡大することを目指します。

自社導入の前段階で
実際の現場での活用が可能かデモ潜水の実施を推奨しております。
詳しくはお問い合わせくださいませ。


■お問い合わせ先
株式会社ジュンテクノサービス 担当 引野 潤
Mail:info@jun-techno.com TEL:049-265-8651 FAX:049-265-8652
https://www.jun-techno.com/

■オンラインショップ『ドローンテクニカルファクトリー川越』
https://drone-kawagoe.shop/

■ 修理のお申し込み
水中ドローン『QYSEA公認FIFISH日本修理サポートセンター 』サイト
https://www.fifish.jp/





  • はてなブックマークに追加
Stay at Home